仮想通貨

【仮想通貨】IOSTの今後や予想、将来性

本記事を読んでいただいている方は、IOSTの購入を検討している方だと思います。

  • そもそもIOSTってなに?
  • IOSTってすごいの?
  • 今後、IOSTの価格は上がるの?
  • IOSTの将来性は?
  • IOSTは、どうやって買うの?

このような疑問に対して、仮想通貨を始めたばかりの初心者でも分かるように解説していきます。

IOST(アイオーエスティー)は、高性能な処理能力を持ちブロックチェーンの技術を様々な形で活用することを目指した仮想通貨です。詳しくは後ほど説明します。

2021年4月4日時点で、価格は約5.7円となっています。

下記のチャートを見てください。

2021年になり、価格が急上昇していることが分かります。
仮想通貨市場全体が好調であるのにあわせて、IOSTの価格も上がっています。

また、IOSTを購入する場合、国内ではコインチェック(Coincheck)のみで購入することができます。

コインチェック

 

規制が厳しい日本国内の取引所で取り扱っていることから、安心して購入できる仮想通貨の1つです。

 

【仮想通貨】IOSTとは

まずは、基本情報です。

2021年の価格上昇に伴い、4月初旬の時価総額は 1,000億円ほどあります。
仮想通貨(暗号資産)の時価総額ランキングにおいては、100位前後となっています。

仮想通貨名IOST(アイオーエスティー)
シンボルIOST
発行開始2017年5月
発行上限210億IOST
時価総額950億円(2021年4月)
公式サイト(英語)https://iost.io/

IOSTのビジョン

IOSTは、クレジットカードと同じように、日常のあらゆる場面で使用されることを想定してつくられた仮想通貨です。
と言っても、ピンとこないかもしれませんので、補足します。

例えば、「ブロックチェーン × 医療プロジェクト」というかたちで実証実験が行われています。
下に引用記事を貼っています。簡単にいうとブロックチェーンの技術を使用して、医療データを有効活用しようというものです。

この実験では、暗号化の技術を使って個人の医療データを保護し、活用する試みがされています。

このように、IOSTの技術を社会のために使おうと開発が行われています。

<引用記事>
ブロックチェーン技術を活用したアプリケーション開発を行うエバーシステム株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表:和田 隆夫)は、大学発ヘルステックベンチャーのプラクス株式会社(本社:大阪府八尾市、代表:坂上 博俊)ともに、2020年6月から進めてきた医療データ共有プロジェクト"プラクス"において、IOSTブロックチェーンのプライベート環境を採用したプロトタイプを開発しデータのハッシュ値を保存する、技術的な検証を行いました。エバーシステムは、その概要と結果及び考察についてのレポートを公開しました。

引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000041312.html

その他ですと、再生可能エネルギーの取引システムでも検証が行われています。

とはいえ、新しい仮想通貨ですので、私たちが日常で使えるようになるのは、まだ先になりそうです。
これからの動向に注目してきましょう。

 

【仮想通貨】IOSTの長所

処理すピートが速い

IOSTの長所としては、処理スピードが速いことです。

イーサリアム(ETH)と比べても格段に速く、次世代の仮想通貨として期待されています。

ここでは説明しませんが、IOST独自のアルゴリズム「PoB」をしていることが理由です。

このことから、開発者の技術力が高いことが分かります。

ビットコインが第1世代、イーサリアムが第2世代とするなら、IOSTは第3世代のリーダーとなる可能性を秘めています。

 

汎用性が高い

汎用性が高いとは、いろいろなことに応用しやすいということです。

IOSTは、JavaScriptというプログラム言語で書かれています。

JavaScriptは、とても扱いやすいプログラム言語ですので、開発に参加しやすいという利点があります。

そのため、医療分野を含め様々な分野で活用されるのではないかと期待されています。

 

DeFiへの対応

IOSTは、DeFi(分散型金融)への対応を積極的に進めようとしています。

今後の開発状況に注目です。

2021年に入り、DeFiでの取引量が大幅に増えており、IOSTの価値を高める要因の1つでもあります。

【仮想通貨】IOSTの今後

IOSTの今後はどうなのでしょうか?

価格動向(チャート)

下の画像は、2021年3月23日時点での【IOST】のチャートです。
現時点の価格は、¥5.27 です。

発行直後は上昇して、¥10 以上の値をつけていますが、その後は下降しています。
長らく、¥1 以下に停滞していましたが、2021年に入ってからは上昇傾向です。
IOSTだけではなく他の仮想通貨全体も上昇傾向となっています。

そして、現在(2021/3/23)は、¥5~¥6 付近をウロチョロしている感じです。

最高・最低

過去最高値(2018/01/24):¥14.83
過去最低値(2020/03/13):¥0.1697

下の画像は、同じ期間での【Bitcoin(ビットコイン)】のチャートです。

なにか気づきますか?

IOST と Bitcoin のチャートを重ねてみます。
どうでしょうか。なんだか似たような動きをしています。

・緑:IOST
・青:Bitcoin

このチャートから分かることは、IOSTの価格は、Bitcoinの影響を受けているということです。

今のところ、Bitcoinの価格は、他の仮想通貨を大きく引き離しています。
これは、Bitcoinに対する信頼の表れであると解釈できます。
最近では、イーロン・マスクのテスラ社が、15億ドル(約1580億円)分のBitcoinを購入したりしています。

この傾向から推測できることは、Bitcoinが上がれば、IOSTが上がる可能性があるということです。

仮想通貨を始めたばかりの方は、Bitcoinの価格にも注目しましょう。

コインチェック

  

価格上昇の要因

IOSTを取り扱う仮想通貨取引所が増えることで、流動性が高まり価格上昇につながると見込まれます。

現時点で、国内ではコインチェックのみの取り扱いとなっていますが、今後広がっていくことが重要なポイントの1つとなります。

また、海外ではコインベースでIOSTを上場するというウワサはありますが、正式に発表された情報ではありません。

 

課題

実際にIOSTが使われることで価値が高まっていきますが、今はまだ開発段階です。様々な長所があり将来性はあるものの、具体的な成果を出せていないのが現状です。

具体的な成果は価格上昇の要因にもなりますので、今後の開発状況を注視していく必要があります。

 

2021年第2四半期に向けてのコメント

2021年第2四半期に向けて、IOST財団から下記のコメントがありました。

一部抜粋すると、IOSTは時価総額50位以内を目指すとのことです。
(IOSTの時価総額は、2021年4月11日時点で100位)

個人的には、とても力強いメッセージだと感じました。
これからが楽しみな仮想通貨だと思います。

In 2021, IOST aims to further strengthen the relationships with those already familiar with IOST, and at the same time inform new audiences of IOST’s technological strengths and ongoing developments. Through this, IOST will not be satisfied with merely being in the CMC(Coin Market Cap) TOP 100 but will strive to grow into a TOP 50 project in the course of the year.

(日本語訳)
2021年、IOSTは、すでにIOSTに精通している人々との関係をさらに強化すると同時に、新しい視聴者にIOSTの技術的強みと進行中の開発について通知することを目指しています。 これにより、IOSTはCMC(Coin Market Cap)TOP 100に入るだけでは満足せず、年間を通じてTOP50プロジェクトへの成長を目指します。

Q2 2021 Contribution Focus & Rewards

 

【仮想通貨】IOSTのまとめ

最後にまとめです。

IOSTについては、社会の役に立つ仮想通貨にしたいというビジョンに共感できますし可能性を感じています。

価格上昇のポイントとなるのは、オンラインサービスとの連携だと思います。
様々なサービスで実際に使われるようになれば、仮想通貨としての価値も上がっていくと思われます。

価格もまだ低いので、伸びしろがあります。

ビットコインが600万円以上なのに対して、IOSTはまだ6円ですので、100万分の1の価格です。
今のうちに買っておくのも、選択肢の1つとしてありだと思います。

コインチェック

 

お得情報

最後になりましたが、お得情報です。
下のリンクからバイナンス(BINANCE)の口座を開設するとお得です。
下記リンクから登録すると、手数料が永年10%キックバックされます。
もちろん、IOSTもバイナンスで購入可能で、ステーキングもできます。
アプリは日本語対応です。

お得情報

バイナンス(BINANCE)で口座を開設する

仮想通貨取引は、すぐに口座を開設できるバイナンス(BINANCE)がおすすめです。

<メリット>
・手数料が【0.1%】
・700種類以上の仮想通貨を取り扱い
・取引画面が見やすい
・このリンクからの登録で、手数料が永年【10%】キックバック

<デメリット>

・海外の取引所なので、国内で規制される可能性がゼロではない

 

おまけ(DeFiについて)

みなさん、DeFiはやっているでしょうか?

DeFiで仮想通貨を運用すると10~50%程度の利回りが期待できます。
かなり大きなリスクを取るなら、100%以上も可能です。

DeFiは世界中で大人気の運用手法で、市場規模は2,000億円を超えています。

初めは、パンケーキ職人になるのがいいと思います。
興味のある方は、「仮想通貨 PancakeSwap」でぐぐってみてください。

今後も仮想通貨関連の情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

コインチェック

 

-仮想通貨

© 2021 kIsya Blog